用途別のレンタカー会社の選び方

レンタカーには業者によって利用できる車の種類が様々であり、料金やサービスについても違いがあります。そのため、どのような目的で利用するかによって利用する業者を決めると良いでしょう。例えば車を所有しておらず、週末に買い出しなどのために道を良く知っている近場の店を回るために借りる場合、レジャーのために長距離の移動をしたい場合、所有している車では乗り切らない大人数で利用したいときや引っ越しなどで荷物を多く積みたい場合、自分の収入では手の届かないような高級車に乗ってみたい場合など借りる目的は多種多様です。これに対して、大手であれば全ての目的を満足できるとは言えないので、各業者の特徴を比較して最適なところから借りると良いでしょう。なお、どの業者でも利用料金に保険が含まれるので、小規模の業者でも万一の場合の心配はありません。

日常的な利用の場合は格安の業者がお得

車の購入費や維持費を浮かせるために所有せずにレンタカーを利用しているような場合、格安の業者を利用するのが適しています。特徴としては料金が大手と比べて安くなっている代わりに車は中古車がメインとなるため燃費はあまり良くなく、カーナビもオプションになるため基本料金では利用できません。しかし、近距離の利用であれば燃費の悪さは気にならず、日頃から使っている道であればカーナビの誘導がなくても困ることはないため、格安の業者のデメリットをあまり感じないで済みます。格安の業者の数も多いので、移動可能な範囲に事業所がある場合は検討すると良いでしょう。これに対して、レジャーなどで長距離の利用をする場合にはガソリン代やカーナビによる誘導が利用できないと不便になってしまうので、基本料金が高くなっても大手の業者を利用した方が良いでしょう。

試乗やレジャーなどは対応しているか確認して予約する

日常的な買い出し以外でレンタカーを利用する場合には各業者に対応しているか確認してから予約しましょう。例えばカーメーカーの系列の業者の場合、そのメーカーの車が豊富に揃っているので利用したい車種を選びやすくなりますが、それ以外の業者では乗りたい車種がないこともあります。また、台数には限りがあるので、電話でその車種に空きがあるか確認して予約を取っておくと良いでしょう。大手であれば最新のモデルも扱われているため、車を購入する前に試しに乗ってみたいときにも利用でき、料金は高くなりますが、高級車を借りられる業者もあります。レジャーなどで空港まで利用するときには乗り捨てに対応しているか確認しましょう。通常は借りた事業所に返却しますが、乗り捨てであれば同系列の事業所に返却できます。また、移動先で借りたい場合、送迎してくれるところもあるため、希望する場合は確認しておきましょう。