レンタカー申し込みから返却までの流れ

旅行などでレンタカーを借りる時には、どのようにして申し込めばよいのでしょうか。慣れてしまえば簡単なのですが、最初は、誰でもわからないことばかりです。大手から中小、格安業者まで様々ありますので、業者により申込方法も異なります。大手の場合であれば、webから申込んでクレジットカード利用の場合には、その場で決済できるところもありますし、電話でも申し込めます。また、中小業者の場合には、webや電話で申し込んで店頭で決済するという流れです。なお、キャンセルする場合には、webからキャンセルできるところもありますが、電話でないとキャンセルできないところもあります。キャンセル料金は、1週間前までならば発生しないところがほとんどですが、それ以降の場合には、段階的に発生するところがほとんどです。

営業所に車を取りに行く際の注意点

予約を済ませたら、当日の予約時間前に営業所まで出向いてレンタカーを取りに行くことになります。遅れる場合には、事前に連絡しましょう。営業所では、免許証を提示し、事前決済でない場合にはクレジットカードか現金で決済します。ここで、保険などについての説明があります。次に、車のチェックです。業者の方から、傷の確認を求められますので、指示された場所以外にも傷を見つけたら伝えておきましょう。返却時に他の傷が見つかった場合には、こちらの責任となることもありますのでしっかりとチェックしましょう。また、初めて乗る車種の場合などには、車の操作方法なども簡単に確認しておきます。特に、給油の際のガソリンの開閉レバーは、メーカーにより場所が異なりますので、給油時に慌てなくて済むように確認しておくとよいです。

営業所に返却する際の注意点とは

営業所に返却する際の注意点としては、まず、返却時間に遅れないように返却しなければなりません。遅れる場合には、延長料金が発生することがほとんどです。渋滞などでやむを得ない場合でも、必ず、遅れそうだという連絡を入れておきましょう。レンタカーを利用する場合には、渋滞なども考慮してスケジュールを決める必要があります。次に、返却時には、ガソリンを満タンにして返却しなければなりません。また、給油した時間から、それほど距離を走らずに速やかに返却する必要があります。業者によっては、給油所の場所や給油時間を指定するところもありますし、給油のレシートを提示するところもあります。こうして、営業所に返却して、再度、傷のチェックを業者の方にしてもらいます。これで鍵を渡せば、返却完了となります。