レンタカーを借りる前に気を付けておきたい事

レンタカーを利用する際に気をつけておきたい事がいくつかあります。どのような特徴があるのか把握していないと想定していた以上の料金を取られてしまったり、不便に感じてしまうことになります。自分の利用目的に合わせた業者を選んで後悔しないようにしましょう。例えば料金だけで選んでしまうと結果として一般的な業者を選ぶよりも高くなってしまう可能性があります。免責補償に関しても付けておくと安心できますが、外しておいても保険そのものは利用料金に含まれているので、万一のときでも高額の負担が発生する心配はありません。ただし、これは通常の利用をしていた場合に限られるため、規約違反していると適用されません。何をすると違反になるのか確認して気を付けて運転しましょう。

格安料金だけで選んでしまわないようにする

近年は格安のレンタカー業者も増えており、CMなどで見かけることもあります。しかし、これにはそれを実現できる理由があり、単純に一般的な業者と同じ品質で低価格になっているわけではありません。利用できる車は型落ちした中古車になるので、新型車に乗って楽しむことはできません。また、燃費も悪くなっているため、長距離の移動に利用する場合にはガソリン代が高くなってしまう欠点があります。基本的にカーナビなどもオプションになっており、無料では利用できません。快適に使用するためにオプションを追加していくと総額が高くなります。整備されていると言っても古いため元々傷が付いており、身に覚えのない修理費を請求されるなどのトラブルが起きることもあるため、利用する前に車の状態を写真で撮影して記録しておくと良いでしょう。近場での利用であり、カーナビがなくても不便でない場合には適しています。

保険について理解しておきましょう

レンタカーは利用料金の中に保険も含まれているため、車を所有しておらず、保険に加入していない人でも補償を受けられます。ただし、そのままでは免責額として5~10万円が必要になってしまうため、これを避けるためのオプションに免責補償があります。1000円程度の場合が多いですが、割高なので免責額が生活に大きな負担にならない場合は外しても良いでしょう。なお、保険は規約違反していれば適用されません。例えば故意にぶつけたり、運転者として登録していない人が運転しているなどが該当します。長距離の運転の途中で交代する可能性があるときは全員登録しておきましょう。また、基本的に補償額は無制限ですが、人身傷害補償については3000万円までなどの制限があり、これを超えると保険が適用されていても負担が発生するため、不安であれば個人で任意保険に入っておくと良いでしょう。