よくわかるレンタカー利用の方法

車をしょっちゅう、買い物やレジャー、そして仕事などで使う人ならば、車は自分の家で購入するのが一番お得ですが、月に2,3度、それも数時間しか乗らないという場合なら、レンタカーのほうが断然、維持費は安く済みます。またマイカーと違ってレンタカーの場合は、旅先などで、例えば駅の近くから借りるとか、ホテルについてから借りるように予約しておくといったこともでき、現地で電車やバスなどの交通手段やタクシーを使うよりもずっと行動範囲が広がって時間も短縮でき、便利だったりします。必要に応じてマイカーと使い分けるのも賢明でしょう。そして短時間だけ借りる場合はカーシェアなどのほうが安く済む場合もありますので、比べてみることが大切です。では、レンタカーそのものは、具体的にはどのようにすれば借りられるのでしょうか。

まずは前もって会員になりましょう。

会員になる事で割引などの特典が得られることが多いです。免許証番号が書類に記載するにおいて必要事項になります。会員になってしまえば直接営業所にいっても、電話ででも、スムーズに予約が出来ます。しかし一番早いのはネット予約です。日にちや時間、車種、付属品や保険に至るまであっという間に選べて、車の空き状況もすぐわかります。そしてネット予約割引が受けられる場合も多いです。24時間いつでも予約サイトを見ることが出来ますからお店の営業時間を気にすることなく自分の都合の良い時に手続きが出来ます。ただ、会員になる手続きは少し時間がかかることがありますので車利用の直前ではないほうが良いでしょう。では車を実際に予約サイトから借りてみましょう。お店によって受付可能の日にちは様々ですが何週間も前から予約できる場合もあります。

車を借りた後に注意すべき事柄。

自分の車ではないですから後の人のことも考えて丁寧に利用しましょう。ペットを載せるのは禁止されています。子供を載せる場合はチャイルドシートもレンタルしましょう。オプションとしてあるはずです。車には基本的な補償(対人、対物、車両、人身傷害など)も込みなっていますが、免責補償制度に未加入の場合は負担金が発生します。また、約款に違反する事実が明らかになった場合や管理上の落ち度があった場合も負担金が発生します。それから、運転ができるのは、承認を受けた運転手だけですからご注意ください。何人かで運転を交代する場合は届け出をして承認を受けてください。万一の時の対応はまず車を安全な場所に移動させ負傷者を救護し、警察へ届け出ます。そして出発店舗へ報告をしてください。その他、キーとじ込み、バッテリー上がり、ガス欠、脱輪などのトラブルの時もあわてず出発店舗へ、営業時間外の時は指定されているロードサービスに連絡してください。その他定められているルールはお守りください。

出発までにかかる時間への大幅短縮が可能になりました。全店舗にてイージースタートご利用頂けます。 車種もたくさんご用意しておりますのでお客様の希望に沿った車をレンタルして頂けます。 ご利用料金を確認されたいお客様へ。Webにて簡単にお見積りを表示させて頂きます。 お問い合わせ:フリーダイヤル 0120-626-157 (8:00~20:00)となっております。 格安・激安レンタカー!